株の取引きって難しそうだし、失敗した時の損失が恐ろしいですよね。実は知ってみれば簡単な仕組みなんです。

更新履歴
スーツを着ている男性

株取引に興味があっても、始め方が分からないという人も少なくありません。
実は、多くの人が考えているよりも簡単に始めることが可能なのです。

まずは、取引を行うための証券口座を開設します。
証券会社は多数ありますが、売買に必要な手数料やトレーディングソフトの使い勝手などが異なるため、自分に合った証券会社を探しましょう。
証券会社のウェブサイトで口座開設情報の入力を行います。
氏名や住所、生年月日などの必要事項を入力したら、口座開設申込書を印刷して記入し、必要書類を添えて郵送します。
不備がなければ1週間程度で口座の開設が完了するので、取引資金を開設した口座に入金すれば株を始めることが出来ます。

しかし、株を初めてもただ値動きや銘柄を眺めているだけでは意味がありません。
銘柄に買い注文を入れ、値上がりを待って売却して利益を得るという取引を行ってみましょう。
重要なのは、取引ルールを作り、その取引ルールに則った売買を行うことです。

初心者は、いままさに値上がりしている銘柄に飛び乗ってしまったり、何らかの銘柄を持っていたいという理由だけで売買を行ってしまいがちです。
しかし、そういった理由で取引した銘柄はほぼ間違いなく損失を出します。
利益を出すためには、自分だけの取引ルールが必要なのです。

取引ルールは、まず株を買う条件と売る条件を決めておきます。
その条件に一致したときのみ売買を行い、それ以外のときは売買してはいけません。
無理に取引しないことも大事なルールです。
手持ち無沙汰な時間が多くても、自分の取引ルールにあった状況が訪れるまで待つことが大事です。
無理に取引をすると、ほぼ確実に損が出てしまうのです。

株を始めるのは簡単です。
是非挑戦してみましょう。